団体について

団体概要

代表挨拶

日本まつりの里の松田和裕と申します。
まつりの里は、全国47都道府県、それぞれの域内で、古来、主に神社と氏子によって受け継がれて来た、伝統文化「まつり」を求心力とする、 6 次産業とリトリートセンターからなる、地域振興事業です。 その拠点では、毎週、土日の2日間、一つずつご当地伝承のまつりを披露します。
各都道府県の受け皿になる、NPO 法人まつりの里では、6次産業化という手法で、ご当地の生産、加工、流通、販売、観光などの、地域文化、社会、経済産業活動を繋げて考え、ひいては、日本全体が一体となる、健やかで明るく楽しい未来を築いて行きます。
まつりの里への参加に、特別なことは必要ありません。
日本の伝統文化と地域経済にご理解、ご縁のある方には、年齢や国籍を問わずご参画いただけます。
郷土のまつりを楽しみ、社会人としてのお役目と絆を自覚することで、健康で楽しい未来を育くんで行きます。
また、まつりの里の大きな特長として、その中心部に、ホリスティック医療の知識を持つ医師を迎え、心身の健康増進をはかり、また、観光、保養、様々な学びの拠点としての役割を持つ、リトリートセンターを設けます。
どなたでも、このまつりの里の活動にぜひ、お気軽にご参画ください。
令和4年 2月吉日

団体本部

〒103-0026
東京都中央区日本橋兜町7番1号
KABUTO ONE 9階