伊豫稲荷神社(愛媛県伊予市)新嘗祭(11月23日午後2時~)で、日本まつりの里が舞を奉納します。

お知らせ

伊豫稲荷神社(愛媛県伊予市)新嘗祭(11月23日午後2時~)で、日本まつりの里が舞を奉納します。

新穀の豊穣に感謝する新嘗祭の候、皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

このたびは、愛媛県伊豫稲荷神社において、来る11月23日14時からの新嘗祭に、日本まつりの里が舞を奉納することになりましたことを、心よりお慶び申し上げます。

このような機会をいただきましたことに、深く感謝いたします。

新嘗祭とは、古来より日本の国の祭りとして、天皇陛下が新穀の初穂を神々に捧げる儀式です。
伊豫稲荷神社は、平安初期824年の創建で、江戸時代後期に正一位稲荷大明神となった、商売繁盛や五穀豊穣の神様である稲荷大神を祀る神社です。
ホームページ:https://iyoinari.or.jp/

本年は、伊豫稲荷神社の創設1200周年の記念すべき大祭にあたります。日本まつりの里は、日本の伝統文化を伝えることを目的とした団体で、日本各地のまつりを調査保存振興する事業を手掛けております。
式典で日本まつりの里が奉納する舞は、

瞑想舞代表の堀井香織さんと、
https://meisoumai.com/

香風舎の神職、舞踊家の宇佐見仁さんにお越し頂きます。
https://www.kofusha.jp/

式典の日程は以下の通りです。
– 日時:2023年11月23日(木) 14:00
– 場所:愛媛県伊予市稲荷1230番地 伊豫稲荷神社 本殿前
– 内容:
– 14:00~ 新嘗祭の開催
※奉納舞、その他の予定は調整中です。
式典には、日本まつりの里の関係者の方々のほか、伊豫稲荷神社の氏子や地域の方々、メディアの方々などが参加されます。また、式典の様子は、バーチャルリアリティー撮影で記録さ
れます。
伊豫稲荷神社へのアクセス方法は、以下の通りです。
○- 電車でお越しの方:JR伊予市駅または伊予鉄郡中港駅からタクシーで約5分(約2km)、徒歩で約27分(約2km)です。タクシーの電話番号は、ツバメハイヤー:0120-140-456、郡中タクシー:0120-220-369、いよ観光タクシー:0120-149-000、松前交通タクシー:0120-841-020です。
○- 車でお越しの方:松山自動車道 伊予IC料金所から約3分(約1.4km)です。国道56号線より「JAえひめ中央伊予・ルミエール伊予」の所の交差点(稲荷口交差
○点)を県道23号線(山側)へ折れて約300m進んだ所に赤い鳥居があります。駐車場はあります。

このような貴重な機会をいただきましたことに、改めて感謝申し上げます。日本まつりの

里の皆関係諸氏には、式典にご参加いただき、日本の伝統文化を広く発信していた
だきたく、よろしくお願い申し上げます。

令和5年11月吉日
日本まつりの里 主宰 松田和裕

NGO 日本まつりの里、マンガ教養講座をホームページで無償公開

お知らせ

NGO 日本まつりの里、マンガ教養講座をホームページで無償公開

NGO 日本まつりの里は、「まつりの里マンガ教養講座」シリーズの第一弾「Hey! HO ~三十六計」を、9月28日より、ホームページで無償公開します。

まつりの里マンガ教養講座について

この漫画では、中国で子供たちが九九のように親しむ「兵法三十六計」という処世術、人類の叡智を、楽しみながら学べます。

NGO 日本まつりの里は、マンガ教養講座シリーズを通し、万人が、人類が培って来た叡智に触れ、あるべき自分に覚醒し、国際人として立派に行動を起こして欲しいと願っています。

WEB公開版は無料で、PDF版は解説を加え、各国語に翻訳され、豪華版として発売されます。

WEB版の更新は毎週1回となりますので、お楽しみに!

NGO 日本まつりの里 主宰 松田和裕

https://matsurinosato.org/manga/

「まつりの里マンガ教養講座」及びその漫画作品は、RESONANCE 有限会社が NGO 日本まつりの里からの受託事業として管理しています。

NPO栃木まつりの里の賛助会員募集中

お知らせ

NPO栃木まつりの里の賛助会員募集中

NPO栃木まつりの里の賛助会員のwebお申し込みを開始しました。
募集のご案内はこちら

まつりの里ブログ、再始動しました

お知らせ

まつりの里ブログ、再始動しました。

アメブロにてブログを再始動しました。
こちらからご覧ください。
ブログページはこちら