伊豫稲荷 神社(愛媛県伊予市)神嘗祭で日本まつりの里が舞を奉納しました 。

お知らせ

伊豫稲荷 神社(愛媛県伊予市)神嘗祭で日本まつりの里が舞を奉納しました。

まつりの里では、毎年この神嘗祭に舞を奉納しています。

今年も昨年同様、愛媛の伊豫稲荷神社で奉納。
今年の舞手は、天地 美由起さん。三重県から来て頂き、無事に奉納できました。

神嘗祭とは、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が天上の高天原で新嘗を食したという神話に由来する神事です。

その年の最初に収穫した稲穂「初穂」を天照大御神にお供えし、恵みに感謝を捧げるお祭りです。

新嘗祭には、天照大神と、もうお一人の神、豊受大神(とようけおおみかみ)が必ずワンセットになっています。

豊受大神は、お米をはじめ衣食住やエネルギーの恵みを与えてくださる食と産業の守護神とされていて、実はこの豊受大神、宇迦之御魂神(ウカノミタマ)、稲荷神としても知られているのです。

まつりの里では6次産業での農業や神社との関わりがある為、

毎年感謝の意味を込めて、奉納をさせて頂きます。

舞: 天地 美由起
奉納: 日本まつりの里

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です